安全なアンケートモニターアンケートサイトは危険?安全なアンケートモニターの見分け方

アンケートモニターを始めるには、アンケートサイトに本名や電話番号、住所、職業などの個人情報を登録しなければなりません。
アンケートモニターに登録したことで個人情報が外部に漏洩する危険はないか、本当に安全に参加できるのか、心配な方も多いと思います。
危険なサイトを避け、優良なアンケートサイトを選ぶにはどんなところに気をつければよいでしょうか。

私はアンケートモニターに登録する際、次に挙げるチェック項目を満たしているかどうか、アンケートサイトの会社概要などを見て確認するようにしています。
チェックできる項目が多いほど、安全性が高く信頼できるアンケートサイトだと考えています。

安全なアンケートモニター

安全なアンケートサイトのポイント

  • 社団法人日本マーケティングリサーチ協会(JMRA)の正会員である
  • JIPDECのプライバシーマークを取得している
  • SSL暗号化通信を採用している
  • 国内の大手リサーチ会社とパネル提携している(別会社主催アンケートを実施している)
  • 上場している
  • グループ企業に有名な会社がある
  • 株主に有名企業の名前がある
  • 運用年数が長い
  • 社員の数が多い
  • アンケートモニターの会員数が多い
  • サイトに載っている情報が新しい(まめに更新されている)
  • サイトにプライバシーポリシーについての十分な説明がある
  • サイトに会社概要がきちんと掲載されている
  • サイトに問合せ窓口が用意されている
  • アンケートサイト名/社名で検索をかけたとき、公式サイトが上位で表示される
  • アンケートサイト名/社名で検索をかけたとき、悪い評判の記事がない

この中でも「国内の大手リサーチ会社とパネル提携している(別会社主催アンケートを実施している)」ことは、同業他社と横の繋がりがあるということですので、安全なアンケートサイトを見分ける上で大きな目安になるでしょう。

アンケートモニターに登録する前にアンケートサイトのプライバシーポリシー(個人情報の取扱いに関する情報)や会社概要、参加している協会、株主の名前などをチェックすれば、危険なモニターは避けられると思います。

私はかれこれ10年間以上アンケートモニターを続けていますが、今のところアンケートモニターでトラブルを経験したことはありません。
アンケートモニター専用のメールアドレス宛に身に覚えのない勧誘メールやスパムメールが来たこともありませんし、勧誘の電話を受けたこともありません。
登録していたアンケートサイトが他社のアンケートサイトと吸収合併してしまったことは何度かありますが、その場合にはこれまでに稼いだポイントは合併先のアンケートサイトにそのままのレートで引き継がれましたので、損をすることはなかったです。

「ネットで稼げる副業」と聞くと危険ではないかと心配になりますが、大手・中堅のアンケートサイトでは安全にモニター活動が行えるようにセキュリティ対策が施されています。
安全性に不安が残る方は、とりあえず上場企業が運営するアンケートサイト(マクロミルinfoQ楽天リサーチなど)から始めてみるのもおすすめです。

危険なモニター危険なモニターとは

危険なモニター

よく知らない名前の企業がリサーチ会社を通さずに、自社商品のモニターを直接募集している場合には、悪徳商法でないかどうか注意しましょう。
いわゆる「モニター商法」です。

モニター商法では「モニターになると商品が安く買える」「モニター料として高額の謝礼を払う」などと言って消費者を勧誘し、高額な商品を騙して買わせます。
モニターの名前をちらつかせつつ、その場ではモニター料を支払わずに高額商品を自腹で買わせるところが特徴です。
モニター商法は着物、布団、浄水器、健康食品(サプリメントなど)、家庭用医療器具、美顔器、宝石、絵画、エステの分野に多く、最近では太陽光発電のモニター商法も増えているようです。

企業がリサーチ会社を通さずにモニターを募集すること自体はよくあるので、安全なモニターの募集もたくさんあります。
大手企業は新商品の無料モニターを何百人~何万人規模でネットで募集しています。
商品・サービスのジャンルと自己負担の有無、会社の知名度などで危険性を判断するしかありません。

危険モニター後の勧誘

リサーチ会社を通さないモニターでは、モニター終了後に企業が個人情報を使って勧誘を行うことがあります。
サプリメントや化粧品のモニターでよく聞く話です。
企業が直接募集をかけているモニターは、個人情報がサービスの案内や勧誘に使われるかどうかを確認してから応募することをおすすめします。
大抵、モニター募集ページの「規約」か「個人情報の取り扱い方」に明記されていますので、読み飛ばさずにきちんと確認すれば大丈夫です。
企業の勧誘が心配な方はアンケートサイトや大手のモニターサイト経由でモニターに参加することをおすすめします。
リサーチ会社はモニターの個人情報を調査依頼主の企業には渡さないので、モニター後に勧誘が来ることはありません。

安全なモニター試用モニターの購入代金は後払いのケースも

アンケートサイトで試用モニター(ホームユーステスト)に参加する際に、企業の商品をモニター本人が購入しなければならないことがあります。
この場合、モニター終了後に商品代金を含む謝礼が支払われます。
試用モニターの対象商品は企業の新商品である事が多く、購入価格もせいぜい高くて数千円程度のものです。

高額商品をモニターに買わせるタイプの試用モニターで、アンケートサイトやモニターサイト経由ではなく企業が直接モニターを募集しているものは、安全なものなのかよく確認したほうがよいでしょう。


inserted by FC2 system