アンケートモニターと嘘嘘はNG!アンケートは正直に

アンケートモニターがアンケートで嘘の回答をすることは、アンケートサイトの規約で禁止されています。

アンケートサイトの中には「モニターの登録情報」と「アンケート回答」に矛盾がないかどうかをチェックしているところもあるようです。
アンケートサイトに嘘の回答がバレるとモニター登録を取り消されるか、アンケート依頼が来なくなるので、不正な回答は行わないようにしましょう。

アンケートサイトの不正回答対策

アンケートサイトが実際に行っている不正回答対策の例を挙げてみましょう。

老舗のアンケートサイト「サイバーパネル」では3ヶ月ごとにアンケートの不正回答者を抽出し、アンケート依頼メールの配信除外管理を実施しています。

サイバーパネル

また、大手アンケートサイト「マクロミル」では、webアンケートの事前調査と本調査の回答内容に著しい矛盾が見つかった場合、アンケートの配信を停止することがあるようです。


マクロミル

大手アンケートサイト「楽天リサーチ」では、月に一度全モニターの重複チェックを行っており、不正な重複登録を排除しています。
さらに、アンケートの中にトラップ設問を入れて、不正回答者の排除を定期的に行ったり、アンケートの回答内容を人の目でチェックして、適宜不正回答を行ったモニターをパネルから排除したりしているそうです。

楽天リサーチのモニター募集

楽天リサーチ

自由記述のアンケートで意味のないタイピング(aaa、ああああ、など)をして回答をごまかしたり、アンケート内容と関係のない文章を入力したりすると、不正回答とみなされ、アンケートが配信されなくなることがあります。
アンケートモニターで長く稼ぐためにも、偽りのない誠実な回答を心がけましょう。

「興味のある分野」で嘘をつかない

アンケートモニター

アンケートサイトはアンケートモニターの属性に合った調査依頼をメールで送ってくれます。
アンケートモニターに登録する際に「興味のある分野」を尋ねられたとき、欲張ってよく知らない分野にチェックを入れるのはやめておきましょう。

「興味のある分野」で対象者が選ばれるアンケート調査は、回答するのにその分野の知識が必要です。
欲張って全ての分野に興味がある振りをすると、回答が難しいアンケートがどっさり届いて、頭を抱えてしまうことになりかねません。
調査を依頼した企業にとってもデータの信頼性が落ち、マイナスとなります。

「全ての分野にチェックを入れたほうが稼げるからオススメ!」という考えもありますが、属性のごまかしは不正回答に繋がります。
そこまで無理をしなくても、大手アンケートサイトなら毎日複数件のアンケート依頼が届くはずです。
より多くのアンケートに回答したい人は属性をごまかすのではなく、登録するアンケートサイトの数を増やしましょう。

アンケートモニターが絶対にやってはいけないこと

アンケートモニター

アンケートモニターが絶対にやってはいけないことは、座談会・会場調査のドタキャンです。
座談会・会場調査は決められた時間に決められた場所で、少人数の参加者によって調査が行われます。
一人でもドタキャンする人が出ると調査データが足りなくなりますし、座談会・会場調査を予定していたスケジュールで進行できなくなります。
リサーチ会社にも他の参加者にも多大な迷惑がかかりますので、座談会・会場調査の無断欠席は絶対にやめましょう。

また、座談会・会場調査では遅刻も厳しく禁止されています。
会場には余裕を持って到着するようにしましょう。
もし急病などでどうしても都合が付かなくなった場合は、すぐにリサーチ会社に連絡を取って事情を説明しましょう。

座談会・会場調査はモニター謝礼が高額なので、つい無理をしてでも参加したくなってしまいますが、スケジュールに不安があるときは依頼を受けない方が無難です。
リサーチ会社は約束の日に必ず参加できる人を募集しています。
座談会、会場調査の依頼を受けておいて、ドタキャンや遅刻をしてしまったモニターは、そのリサーチ会社からは二度とお声がかからなくなります。
座談会・会場調査は謝礼が高額な分、参加し損なったときのペナルティも最も重いのです。

おすすめこちらの記事もおすすめ

inserted by FC2 system