座談会・会場調査が多いモニター座談会・会場調査に参加するには

座談会・会場調査モニターを募集しているアンケートサイトについてまとめました。

前の記事「アンケートの種類について」にまとめました通り、座談会・会場調査は他のアンケート調査と比較すると、モニターの謝礼が飛びぬけて高いです。
座談会モニターの謝礼相場は6,000円~1万5,000円前後、会場調査モニターは3,000円~6,000円前後です。
座談会の所要時間は約2時間、会場調査の所要時間は30分程度がほとんどですので、時給に換算すると、どちらも1時間あたり3,000円以上稼げることになります。
さらに座談会・会場調査では、調査の終了後にその場ですぐ謝礼を貰えます。

座談会・会場調査モニターはアルバイトとは違って労働者としては扱われず、一般消費者(=お客様)の立場で参加すれば良いので、私は楽でした。
自分の意見を人前で話すことが苦にならない人には、座談会・会場調査のモニターは良いお小遣い稼ぎになると思います。
社会人でも参加できるように、平日の夕方6時頃から行われる座談会、休日に行われる座談会も多いです。
日程の都合がつくなら、ぜひ一度参加してみてください。

座談会と会場調査座談会・会場調査の募集があるアンケートサイト一覧

座談会と会場調査のおすすめ

座談会とは座談会とは

別名、グループインタビュー。
モニターは指定された日時に会場へ出向き、参加者数人とテーマについて話し合ったり司会者(プロ)の質問に答えたりする。
座談会に参加するモニターは3~8人程度。
二時間程で終わるものが多い。
座談会の会場は商業ビル内のレンタル会議室であることが多い。
謝礼の相場は2時間で6,000~15,000円。
座談会のモニターはアンケートモニターの中でも謝礼が抜きん出て高い。
謝礼は座談会の終了後、その場で現金または商品券を受け取る。

座談会の募集座談会モニターの体験談

人見知りでも座談会に参加できる?

座談会では司会者がその場を取り仕切って、参加者に質問をしたり話の流れを作ったりしてくれます。
座談会に参加するモニターは基本受身の姿勢で大丈夫です。
あるテーマについて初対面の人たちと話し合うと言っても、座談会で熱く意見を戦わせるような討論になることはまずありません。
その場に集まったモニターさんたちは皆、謝礼目的で座談会に参加している、その場限りの人間関係です。
ことさら対決する必要もないですし、無理に同調する必要もありません。
管理人の体験では、どの座談会でも終始穏やかなムードで時間が過ぎ、謝礼を貰って即解散、といった感じでした。
座談会と聞くと「ディベート」を連想して身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、一つのテーマについて白黒付けることが目的ではなく、異なる立場の人たちから様々な意見を引き出して商品開発やサービス改善のヒントにすることが目的です。
討論好きな人やおしゃべり上手な人が座談会のモニターに選ばれるわけではありませんので、口下手でも人見知りでも問題なく参加できると思います。


会場調査とは会場調査とは

別名、会場テスト、会場アンケート。
モニターは指定された日時に会場へ出向き、調査員の指示に従って商品・サービスについての意見を出したりアンケートに回答したりする。
会場調査では調査員以外の参加者とは話をする必要がなく、調査は短時間(15分~30分程度)で終わるものが多い。
謝礼の相場は3,000~6,000円。
会場調査のモニターはアンケートモニターの中でも報酬単価が非常に高い。
謝礼は会場調査の終了後、その場で現金または商品券を受け取る。

会場調査の募集会場調査モニターの体験談

座談会以上の時給!お小遣い稼ぎにおすすめ!

会場調査は企業の商品やサービスを会場で各々が評価して終わり、という単純なものが多く、私は座談会よりも楽でした。
中でも食品の試食調査は無料でおいしいものが食べられて、短時間で稼げるのでかなりおすすめです。
私が以前参加した会場調査では、味や食感が異なるスイーツ3種類を比較して、アンケート用紙に評価を記入して提出する、というものがありました。
その調査では調査員と話す機会もなく、参加者は出されたスイーツを黙々と食べてはアンケート用紙に記入していくだけでした。
「世の中にはこんなにおいしいバイトもあるのか!」と驚いたものです。
会場調査は募集人数に対して参加希望者が多く、応募してもなかなか採用されないのが唯一残念なところです。
様々なアンケートサイトに登録して多くの募集情報を集めることで、会場調査に参加する機会を増やすことができます。


inserted by FC2 system