アンケートモニターどんな人がアンケートモニターで稼いでいるの?

これからアンケートサイトに登録してみようかと考えたとき、実際にどんな人たちがアンケートモニターで稼いでいるのか気になりますね。
アンケートモニターはネットを使って在宅で稼げるので、「主婦が家事や育児の合間にお小遣いを稼ぐのに最適 → アンケートモニターは主婦向けの内職」という先入観を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アンケートモニターは主婦向けの副業?

アンケートモニターは主婦だけでなく、様々な年齢・職業の男女がアンケートサイトに登録してお小遣いを稼いでいます。
アンケートサイト各社では市場調査を依頼する自治体・企業向けに、自社モニターの属性データ(年齢・性別・居住地域など)をwebで公開しています。
ここでは、それらの公式なデータからアンケートモニターでお小遣いを稼いでいる人たちの実態をご紹介したいと思います。

アンケートモニターの性別アンケートモニターの男女比は半々

アンケートモニターの男女比

アンケートモニターに登録している人の男女比はほぼ50:50です。
アンケートサイトによって男性の方が多かったり女性の方が多かったりしますが、どちらかの性別が突出して多いということはありません。

アンケートモニターの年代アンケートモニターの年齢層は30代が最も多い

アンケートモニターの年齢

アンケートモニターに登録している年齢層は30代が最も多く、全体の3割~4割を占めます。
続いて、40代>20代>50代>60代以上>10代の順でモニター数が多いです。
40代と20代はそれぞれ全体の2割程度で、それほど大きな差はありません。
60代以上と10代は明らかに他の年代よりも登録者数が少なく、それぞれ全体の5パーセント未満であることが多いようです。

スマホを使いこなしている10代の登録者が少ないのは意外ですね。
義務教育中は保護者がお小遣い稼ぎを許してくれない、そもそもアンケートサイトの募集年齢に達していない、等の事情があるのかもしれません。
また、スマホを使ってアンケートモニターでお小遣いが稼げることについて、若い人にはまだあまり認知されていないのかもしれません。
60代以上の登録者が少ないのは、PC・スマホを使いこなしている人が他の年代よりも少ないためか、もしくは60代以上は60歳未満の年齢層よりも経済的に豊かなので、ネットでお小遣いを稼ごうという人が少ないのではないかと思いました。

10代と60代以上のモニターは調査で数が不足しがちなので、他の年代よりもアンケートモニターで稼ぎやすいかもしれません。

主婦は2位アンケートモニター、職業の最多は主婦ではなく会社員

アンケートモニターの職業

主婦や学生、パート・アルバイトが多いのかと思いきや、アンケートモニターの職業で最も多いのは会社員・サラリーマンです。
アンケートモニターの全体の3割~4割は会社員が占めているようです。
他にも公務員、会社経営者、自営業、自由業の方もアンケートモニターに登録しています。
主婦(専業主婦)の登録者数は15%前後であることが多いようです。

一昔前までは内職というと、事情があって外に働きに出られない人や経済的に困窮した人が行うイメージでしたが、アンケートモニターのようにネットを使って稼ぐ内職は従来の内職とは違ったニーズがあるのかもしれません。

アンケートモニターは副業のためにまとまった時間を取れない人でも、待ち時間や通勤時間などのスキマ時間を使って稼ぐことができます。
主婦に限らず、誰でも気軽に始められるのがアンケートモニターの魅力だと思います。


inserted by FC2 system